園日記

お店屋さん開店日

2019-02-15 18:42

今日はいよいよお店屋さんの開店日でした。

はじまる前から「あれ買うんだ!」「○○屋さん気になる!」とみんなワクワクしていました。

開店すると、「いらっしゃいませ~!」という元気いっぱいの声が響きました。

年少さんには年長のお父さん・お母さんが付き添いながらお買い物をしました。

何を買おうか迷っている年少さんに「パン屋さん行く?これは?」と自分なりに「この子は何が欲しいのかな」と考えているようでした。

お金のやり取りでは年長さんが「自分の出番だ!」と張り切ってリードしていました。

売る側も初めは「いらっしゃいませ!」というだけでしたが、買ってもらえる嬉しさや買って欲しいという強い気持ちからか、

実際に使い方をやって見せたり「お得ですよ~」と声を掛けてみたりとそれぞれが「どうしたら買ってもらえるかな?」と考えて売っていました。

店員さんの頑張りもあり、全部のお店の品物が完売しました!みんな嬉しさと満足気な表情でした。

最後には売上金をお給料としてみんなで分け合いました。ちょっと大人になった気分のようで、ニコニコしながらお給料を眺めている子どもたちでした。

また、お昼ご飯を食べ終わった年長さん。友達が外に遊びに行く中「まだ○○君が終わってないから」と自分の“家族”が終わるまで待ってあげていました。

この年長さんは「僕は家族のお父さんなんだ。家族のみんなを僕が見ていてあげなきゃ」と思っていたのでしょうね・・・。

4日間一緒に過ごしたことで、他学年のお友達と関わることの楽しさや難しさを少しでも感じられていたらと思います。

お店屋さんごっこ③

2019-02-14 17:05

今日のお店はパン屋さんとケーキ屋さんです!

パン屋さんでは、売っているパンを思い出しながら、買ってくれるお客さんの為に沢山のパンを作っていました。

そして、開店日に向けお店の看板や装飾作りを行いました!

輪飾りが難しい年少さんに丁寧に、教えてくれている姿が見られました。

ケーキ屋さんでは2クラスに分かれショーケースに並んでいるような美味しそうなケーキを作りました。

年中さんが「私こんな材料持ってきたよ!」「私はこんなの!!」と楽しく会話していました。

どんな物を作るのかと見ていると・・・お互いの材料を組み合わせ共同で作業をしていました。

共同で作る楽しさを知り、完成品を並べる時も一緒に並べる姿が見られ、また2人で次の商品を作り始めました!

よほど楽しかったんでしょうね!

さて、明日はいよいよ楽しみにしている開店日です!どのお店も気合が入っていました。

子どもたちが、何を買ってくるのか楽しみにしていて下さい!

どんな作品でも、こうした子どもたちの思いやの関わりがあったことを思い、感じていただければと思います。

お店屋さんごっこ②

2019-02-13 17:13

昨日に引き続き2日目のお店屋さんごっこです。今日も沢山品物を作っていました。

アクセサリー屋さんでは、ネックレス・カバン・香水など作っています!

みんな黙々と作り、困っている年少さんに声を掛け、ゴムを結んであげたり細かなビーズを結んであげる姿が見られました!

おかし屋さんでは、今まで持ってきた材料を全部使い切るくらいの商品を作りました!

年長さんが進んで、「こうしたら、ドーナッツになるよ」などと、小さい子にアドバイスをしてくれていました。

今にも買いたくなるような、商品が沢山出来ています。

そしてレストランでは、それぞれが沢山の食べ物を考えオムライスやお寿司など様々な料理を作ってくれています!

食品サンプルに飾れるようなリアルな商品がいっぱいです。

写真のお寿司は、発泡スチロールにトイレットペーパーの芯に色をつけ巻き付けています。本物みたいで食べたくなりますね。

全部埋めるまで作るそうです。完成が楽しみです!

隣の写真は、ラーメンを作っている年少さん。トッピングをしたいのにスポンジがなかなか切れません。

その姿を見たお兄さん!「スポンジ押さえててあげるよ!」と手を添えてくれました。それでも切れなかったので、ハサミの手伝いもしてくれました!

手伝ってもらった年少さんは満足な笑みを浮かべ、製作後も年中さんのお兄さんと手を繋いで遊ぶ姿が見られました。

「今日はありがとね!」と声を掛けると「もうすぐ年長さんだから、手伝ってあげないと!」と優しい言葉を聞き、なんだか心が温かくなりました。

お店屋さんごっこを通して、こういった関わりが見られ一歩一歩、成長していくんですね!