園日記

園長カメラ

2022-01-17 12:20

自由時間の時に年長さんが書いたものを見せに来てくれました。フロアに飾ってあるタンポポ魂を見て書いたそうです。

教育関係の方はご存じだとは思いますが、近年では子どもたちの育ってほしい力に“非認知能力”というものが注目されています。要するに目に見えにくい、または数値化しにくい力のことです。例えば、失敗を学びに変えようとする力、相手を許す力、自分をコントロールする力、目標に向かって頑張る力などのことです。

この年長さんの書いてくれたタンポポ魂は今から約30年前に、当時の澁谷金太郎園長(現清瀬市長)が清瀬富士見幼稚園の新しい教育方針として掲げたものです。私はこのタンポポ魂は非認知能力そのものと思っています。子どもたちは今までの園生活の中で、これからの園生活で自分のタンポポ魂を自分で育てています。先日来園した空手で全国大会2位になった4年生の卒園児もタンポポ魂を鬼滅の刃のセリフにあるように、タンポポ魂に全集中して、タンポポ魂を燃やして頑張っていると教えてくれました。

人間には生きている限り、できること、わかることと同じくらいできないこと、わからないことがあると思います。そして時に困難があった時に職員はもちろん、子どもたち、保護者のみんながタンポポ魂をキーワードに、子どもとして、先生として、親として、みんなで学び続けようとすることが未来を担う子どもたちに重要なこと思います。

月刊誌

2022-01-14 16:12

今日、年中組では1月の月刊誌を読みました!

1月の月刊誌は、お正月に食べるおせちやお正月遊びなどたくさん載っていました!

おせち料理を見て「食べたことな~い!」と話していたり、「おせちには一つ一つに意味があるんだよ!」と伝えると「そうなんだ~」とすごく興味を持って見ていました。

最後には、今年の干支の虎も載っていて、「ライオンと虎の違いはなんだ?」とライオンと虎の写真を見比べて「しましまが違う!」「たて髪が無い!」と色々な声が聞こえました。

「ライオンのたて髪は、オスだけでメスにはないんだよ」と伝えると、「へ―知らなかった!」と楽しくたくさんの発見をした子ども達でした!

お正月遊び

2022-01-13 16:19

始業式の日にお正月遊びを行ってから、ふじ組ではカルタが流行っています!今日も何人かで集まってカルタ勝負をしていました。

カルタをじっと見つめて、耳を集中させて…「はいっ!!」カルタが吹き飛んでしまうくらい白熱した勝負でした。

硬筆や習字指導で、少しずつひらがなを覚え始めた年長さん。覚えたことが遊びに繋がることがとても嬉しかったようで、「硬筆で書いた字だね!」「これは私の名前の字だ!」と楽しみながら遊んでいました。

学びから遊びに、遊びから学びに繋がっていく事が幼児期にとても大切な事です。

今度は他のお正月遊びにも、みんなで挑戦できたらいいなと思います!