園日記

お腹がすくね

2018-01-19 16:00

今日は少し暖かい日でした。

マラソン練習をしました。

年少組は幼稚園の周りのコースを1周なのですが、今日は2回目のソ外コース練習でした。

今日は初めて男女それぞれの順位を手に書きました。‛歩かないで最後まで走り切る’という気持ちをみんなで大切にしています。

練習を重ねていけば走ることに慣れてきて、例えば順番が変わったりすることもあります。

これからの練習が楽しみです。↓

たくさん走ったので子どもたちはとてもお腹が空いているようでした。

今日は少し早めのお昼ごはんでした。こどもたちはとてもよく食べていました。↓

食育講座

2018-01-18 16:01

今日はふじみ幼稚園に清瀬市役所から栄養士の方がいらしてくださいました。

子どもたちのために食育講座を開催してくださいました。

食べ物とうんちの関係について、とても分かりやすく子どもたちに教えてくださいました。↓

栄養士さんのエプロンに登場したのは‛きよせ君’です。体の中の仕組みをみんなで見ながら、体の中に入った食べ物がどのようにうんちになるのかを知りました。

食べるものでうんちの善し悪しが変わるということも教えてもらいました。↓

食べ物が体の中でどんな動きをするのか?子どもたちは栄養士さんたちの話をじっくりと聞いていました。↓

小腸の長さを実際に感じることができました。

その長さはなんと6m。子どもたちは興味津々でした。↓

良いうんちを出すためには?「やさい・ごはんなどを食べて、よく動いて遊ぶ」です。

食べ物でうんちの質が変わることをみんなで確認しました。↓

さいごに、食べ物の栄養が体にどんなパワーをもたらしてくれているのかについて知りました。

栄養士さんが「今日朝ごはんでパン食べた人はいるかな?」と子どもたちに尋ねると、たくさんの子が「はーい!」と手をあげていました。とても楽しいお話がたくさんあったので、子どもたちは楽しんでいました。↓

今日は全員で食べ物や栄養、うんちのことについて学ぶことができました。食生活は健康に直結することですし、生きることと食べることは切り離せないことなので、今日はとても大切な機会になったと感じています。

子どもたちはとても集中して栄養士さんたちの講座を聞いていました。今日の子どもたちの姿を見て、「私たちもうれしい気持ちになりました」と栄養士さんが話してくださいました。

昨年の4月から今日まで、子どもたちは毎日の中で1つずつ積み上げてきて、今ではしっかりと話を聞けるようになりました。思いがけず子どもたちの姿を褒めて頂けたので、私たちもとても嬉しく気持ちになりました。

わかりやすくて楽しい講座を開催してくださった栄養士さんたちに、「ありがとうございました」と感謝の気持ちでいっぱいになりました。とても素敵な食育講座でした。↓

マラソン練習

2018-01-18 16:00

マラソン大会の練習をしました。

幼稚園の外で練習をするのは今日が初めてです。↓

応援しています。↓

走り終えたときに自分の順位を手に書いてもらうのですが、番号を見て喜んでいる子や思うように走れなかった子など、様々でした。

子どもたちにとって順位はとても気になる」ものですね。ですが、一番大切なことは‛諦めずに最後まで走り抜く’という気持ちです。

走っていると急に横腹が痛くなることや息が苦しくなることもあります。苦しい中でもしっかりと走り抜いて自分自身に勝ってほしいと思っています。

みんな、マラソンの練習頑張ってね。