キックベース

2017-09-28 16:00

午前中に雨が上がったので、園庭で遊ぶことができました。

年少さんの女の子が水道から砂場まで一生懸命水を運んでいました。スコップ1杯の水をこぼさないように慎重に進む姿がとても可愛らしいですね。↓

今日は年長さんを集めて新しい遊びをしてみました。

みなさん、‛キックベース’をご存知でしょうか?小学生だったころに休み時間によくやっていたのを思い出して、男性の先生2人と年長さんの男の子たちでチームを組んで、キックベースをやってみました。

まずは先生が簡単に説明しながらお手本を見せます。「ピッチャーは転がす!バッターは蹴る!捕ったら1塁に投げる!」

ふじみ幼稚園の園庭に野球のラインが引かれたのは今日が初めてではないでしょうか?

先生はあえて細かなルール説明をしていません。子どもたちは実際にプレーしながらルールを感じ取っていきます。↓

プレイしていくうちに、子どもたちは少しずつ‛やり方’を知っていきました。すると、だんだんとコツや楽しさを感じたのか、自分で送球したり塁に走ったりしていました。

子どもたちの姿に応じて、ルールも変化していきます。

‛ファウル3回でアウト’ ‛2アウトで攻守交代’ など、初めてキックベースをやる子どもたちが楽しめるように・・・↓

気が付くと、子どもたちだけではなく先生たちもキックベースに夢中になっていました。子どもの人数も2人増え、先生も1人増えまして、あっという間に時間は過ぎていき結局8回裏まで楽しみました。

最後はしっかりと挨拶をして試合終了です!↓

試合が終わって・・・「キックベースやろうぜ!」と、子どもたちだけでキックベースを再開していました。↓

「明日もキックベースやりたい!」という声がたくさんありました。

・・・実は「5歳でキックべースはまだ難しいかなぁ」と先生同士で話していました。ですが、やってみると楽しくプレーすることができました。正直、驚きました。

遊びを通して、遊びの中でルールを感じていき楽しんでいく力を子どもたちは持っているということを知りました。

新しい遊びはとても楽しいものでした。・・・やっぱり野球って面白いですね!