園日記

おもちつき大会

2017-12-19 16:00

毎年2学期末の恒例行事となっているおもちつき大会をしました。

子どもたちが登園する前、朝早くから先生たちで準備をしました。

これはもち米を蒸すための大きなボイラーです。蒸気が漏れないように縁しっかりと新聞で覆っているところです。↓

これは、もち米を入れる蒸篭(せいろ)です。

ボイラーの温度が上がってくると、こんなに勢いよく水蒸気が噴き出します。この中心の蒸気穴の上に蒸篭を重ねてもち米を蒸かすという仕組みです。↓

子どもたちも餅つき体験をしました。重い杵を一生懸命持って「せーの!」と声を合わせて力いっぱい餅を打ちました。↓

餅つき体験をしたあとは、蒸かしたもち米がどんな風に白いお餅へと変化するのかを見学しました。

この機械は餅をこねてくれる‘餅製造機’です。この機械にもち米を入れるとあっという間にこねられた餅が出てきます。

出来たてのお持ちをみんなで味見してみました!

「美味しい!」という声が多かったのですが、「甘い!」という声もありました。できたてで温かいお餅は甘みを感じることができます。↓

ふじみ幼稚園のお餅はとても濃厚で食べ応えがあります。「餅米を蒸して、こねる。」という作り方をした‘無添加本物’のお餅だからこそ深い味があるのではないでしょうか。

どうやってお餅ができるのか?ということも子どもたちの目で見て知ってもらいのですが、一番はお餅本来の味を子どもたちに味わって喜んでもらいたいということです。

お米からこんなに美味しい食べ物ができるということを味わって感じて、子どもたちの笑顔があふれていました。↓

お部屋に戻ってお待ちかねのお昼ごはんです。

今日はお餅の食べ放題です!きなこ・あんこ・青のり・醤油、そしてハクサイのお漬物を好きなだけ食べました。

子どもたちはたくさんおかわりをしていました。つきたてのお餅は柔らかくてとても美味しかったです。↓

今日のおもちつき大会にあたり、たくさんのお手伝いのお父様・お母様にお手伝いのご協力を頂きました。

ありがとうございました。

いよいよ明日は2学期の終業式です。子どもたちが安全に過ごせるよう、しっかりと気を引き締めていきたいと思います。